Top
2005年 07月 26日 ( 1 )
バーキンから、青首大根。

夏休みの留守番
ぶさいくな阿呆犬とともに、2匹。
家族旅行だって
とーちゃんは、どぉやら家族ではないらしい。
薄々気づいてはいたが。


朝から、掃除に洗濯
水打ち、ゴミ出し、朝食の準備。
って、朝食の準備は、トマトをひとつ、洗っただけだが。

洗濯を干して、朝のお仕事。
昼過ぎに帰宅して、水打ち、買い物。
昼食に、桃をひとつ、食す。


さて、と、一服してたところに、おぱんつ。

  とーちゃん、今日は祭りだよ、花火だよ、娘はヒマしとるよ!

どうやら、とーちゃんの娘は、みんながみんな、ゐぬだったみたいです
留守番しとるから、とーちゃんは、パス、というと

  なにっ、とぉとぉホントの身内からも捨てられたか!

娘として生まれ変わったおぱんつは、口調まで、様変わり

  よしっ、じゃあ今日は、家に行って料理つくっちゃる!

断る、って言ったところで、聞かぬは承知しとるのですが、抵抗してみる




ちゅんちゅら、ちゅんちゅら、ちりんちりん
銀色のママチャリを駆って
昼下がりのきつい陽射しと、アスファルトからの反射熱
つゆだくの汗が、サドルに浸水する直前に、駅。

遠目からもイッパツで判る、凛とした娘の勇姿
本日は、黒いノースリーブのサマースーツ
肩に背負った鞄からして、たぶん、全身エルメス、だと思う。
家事を手伝う気なんて更々ないよ、って意思表示か?
ともかく、少し離れた電柱の影に隠れて、電話
目立ってしゃーないので。

再び、銀のママチャリを駆って、こんどは家路を急ぐ
後ろには、涼しい顔のおぱんつ。
わざと足を前後にぶらぶらさせるので、そのたびによろめく
小学生か、お前は?
って、こどものわりには、あまりに手足がしなやか過ぎるが。

案の定、おぱんつは、家事をまったく手伝わない
代わりに、わが家の阿呆犬と意気投合
料理の下ごしらえを顎で指図しつつ、ゐぬ同士、じゃれて遊んでやがる
いつの間に押し入れから引っ張りだしてきよったのか
とーちゃんの高校時代のジャージに着替えて。


たまりかねて苦言を申し立てると

  絶対に甘やかせたらいかんと心に決めたから

って、心底にくったらしい顔で吐かしよった。
鬼の首でも取ったか、おぱんつよ?
四つん這いになって阿呆犬と格闘しているおぱんつの桃尻を蹴っ飛ばす
すると、阿呆犬が滅茶苦茶に怒りだす
釣られて、おぱんつもぎゃんぎゃん吠えよる
ほんと、仲の良い姉妹だね、きみたちは。


夕食の下準備ができたところで、おぱんつは帰宅
仲良くなった阿呆犬と別れるのが少し名残惜しいようだった。


今日の夕食は、和風ハンバーグ
おろしポン酢でいただきます
のはずが、結局は、ウスターソース。
本日の主役である青首大根が、おぱんつといっしょに帰っていったので
買い物かごとなった、水色のバーキンに揺られて。
[PR]
by mockin_snofkin | 2005-07-26 11:54 | 娘と妹たち